-
 
イラン大統領選、
保守強硬派ライシ師が圧倒的勝利
イラン大統領選、保守強硬派ライシ師が圧倒的勝利
  • イラン核合意の再建巡る取り組みを複雑化させる可能性
  • 19年から司法府代表-最高指導者ハメネイ師の後継とも目される
イランの大統領選は、最有力候補で保守強硬派のライシ司法府代表が圧倒的勝利を収めた。国営テレビが公式結果を伝えた。 
 ライシ師は1780万票を獲得、穏健派のヘンマティ前中央銀行総裁は240万票で3位と、選挙管理当局の責任者ジャマル・オルフが声明を出した。開票率は90%の段階という。イラン大統領選は保守強硬ライシ師勝利か-ロウハニ大統領が「明白」 
 保守強硬派であるライシ師(60)の勝利は、イラン核合意の再建を巡る取り組みを複雑化させる可能性がある。
米国がトランプ前政権下で核合意から離脱し、この合意に終始批判的だった保守強硬派を勢い付かせた経緯があるためで、昨年のイランの国会選挙ではこうした勢力が圧勝した。
イラン国会選、保守強硬派が圧勝-メヘル通信
  ライシ師も2015年の核合意に批判的な立場だが、選挙活動中は有権者に対し、協議継続の方針を示していた。
イラン大統領選の最有力候補、核合意巡る協議継続を支持-IRNA
  19年から司法府代表を務めるライシ師は17年にも大統領選に出馬したが、得票率は38%でロウハニ大統領に敗れていた。

最高指導者ハメネイ師の有力な後継候補とも目されている。





体が発射される様子が映っており、
ニューヨーク・タイムズはこれまで謎とされていたウクライナ機の


だと指摘している。


 ウクライナ国際航空(Ukraine International Airlines)

(Imam Khomeini International Airport)
から離陸して間もなく墜落。乗客乗員176人が死亡した。


 イラン政府は数日間にわたり、同機はミサイルで撃墜されたとの
米当局の情報に基づく欧米諸国の主張を否定してきた。


 しかし、イラン革命防衛隊(IRGC)航空宇宙部隊の


単独の判断で撃墜したことを認めた。


 公開された動画は不鮮明だが、
ウクライナ機は火に包まれながら空港へ向け旋回しながら落下し、
間もなく墜落・爆発したとニューヨーク・タイムズは説明している。

最高指導者ハメネイ師の声明を発表。
イランの国営テレビは3日、最高指導者ハメネイ師の声明を発表。
この中でハメネイ師は、ソレイマニ司令官を殺害した「犯罪者」には厳しい報復が待ち受けており、



民兵組織幹部のアブ・マハディ・アル・ムハンディス氏も空爆で死亡したと明らかにした。
その上で、2人の死亡について「米国とイスラエルに責任がある」と非難した。
こうした中、イラクの首都バグダッドにある米国大使館は、

戦争につながるものと批判。国連のグテレス事務総長は、中東の緊張激化を深く憂慮しており、



民兵組織の5人と2人の「ゲスト」が死亡したと明らかにした。
ロケット弾は貨物ターミナル付近に着弾し、2台の車両が炎上した。
民兵組織の関係者はロイターに対し、ソレイマニ司令官とアル・ムハンディス氏は同じ車に乗っており、


米国がイラクのイスラム教シーア派武装組織の拠点数カ所を空爆したことに反発して、



       マレーシア首相
[クアラルンプール 7日 ロイター] - マレーシアのマハティール首相は7日、
米国がイラン精鋭部隊のソレイマニ司令官を殺害したことは不道徳だと非難し、
イスラム教国家は外部の脅威から身を守るため結束すべきだと訴えた。
マハティール首相は記者団に対し、

警告した。
そのうえで「イスラム教国家は結束すべき時だ」とし、

侮辱したりしただけで、
その外国人がドローンを送ったり、
私を銃撃しようとしたりしても

米、空爆でイラン精鋭部隊司令官殺害、





抑止することが狙い」と説明した。
イラン革命防衛隊もソレイマニ司令官の死亡を確認する


空爆で死亡したと明らかにした。
そのうえで、2人の死亡について「米国とイスラエルに

イランとつながりのある
2つのターゲットに対し空爆が行われたと話した。
それ以上の詳細についてはコメントを控えた。
イラクの民兵組織は3日、バグダッド国際空港に3発の


2台の車両が炎上した。
民兵組織の関係者はロイターに対し、ソレイマニ司令官と

車両に当たったと述べた。
もう1台の車には護衛官らが乗っており、ロケット弾1発が




IS最高指導者、






米軍特別部隊の急襲作戦によって、
バグダディ容疑者が自爆して死亡したと発表した。
バグダディ容疑者は1971年、イラクの首都・バグダッド北部、
サマラ近辺の貧しい地域に生まれた。
家族にはイスラム教スンニ派の厳格主義グループ、
サラフィー主義勢力の伝道師がいる。
米主導の有志連合軍がイラクに侵攻した2003年、
バグダディ容疑者はジハード(聖戦)を呼びかける
サラフィー主義勢力の蜂起に参加し、米軍に拘束された。
米軍は、バグダディ氏が民間に潜む扇動者の1人ではあるが、

2014年7月4日になってからだった。
聖職者の黒衣をまとい、イラク北部・モスルのモスクの説教壇に


「カリフ・イブラヒム、信徒の司令官」と名乗った。
呼びかけに答え、世界中からイラクとシリアに数千人が集結。
シーア派主導のイラク政府および米・西側諸国の同盟との戦いに

地域を支配。
過激思想を掲げて少数派宗教の教徒を迫害した。

同容疑者の残虐性があらわになった。
また、女性の信者は性奴隷とされた。
5大陸の数十都市で攻撃を実施し、犯行声明を出し、米国人、




秘密主義で慎重な性格に適したこの方法は、


しかし、ここ数年でISとバグダディ容疑者の勢力は急速に衰退。



砂漠地帯に逃亡。
普通の自動車や農作業用トラックで、運転手とボディーガード2人を伴って隠れ家を転々とする生活を送っていた。
暗殺や裏切りを恐れて電話は使えず、イラク人の側近2人とは、
わずか数人の密使を通じて連絡を取り合っていた。
側近2人はバグダディ容疑者の有力な後継者
1人は17年3月に殺害され、

ISのバグダディ指導者死亡、 トランプ大統領発表      米軍急襲で自爆

 過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が
米軍特別部隊の急襲作戦によりシリア北部で死亡した。
トランプ大統領が会見で発表した。
大統領によると、急襲を受けバグダディ容疑者は


バグダディ容疑者は2010年以降、ISを率いていた。
Sは一時シリアやイラクの国土を部分的に掌握し、

いまだ脅威とみなされていた。
バグダディ容疑者はイラクとシリアの国境近くに

かけていた。
現地の武装勢力幹部によると、作戦は27日未明に
シリアのトルコ国境に近いイドリブ県バリシャ村で




(SDF)の司令官は、作戦は成功したと言明した。

サウジのエネ相 
      生産能力も今月中に回復と
国産ミサイルやロシア産ミサイルを大量に所有し、
米国など攻撃国は一瞬で壊滅することは不可能であり、
ベル湾岸の原油施設はほとんど標的になり一発でも命中したら施設は破壊され、
ペルシャ湾も機雷で封鎖される。
攻撃国はイランを結果、壊滅させようが、その覚悟が必要だろう。)
戦争で、儲かるのは武器商人のトランプと武器輸出国のロシア・中国だけだろうか。
早速商売していた。
いまだタリバンなどの反政府勢力を駆逐するに至らず、
トランプは銭の無駄だとしている。

米兵器産業が大儲かりするという算段。







ンドネシア 首都をジャワ島ジャカルタからボルネオ島に遷都決定
インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は26日、
大統領によると、首都をジャカルタから移転するコストは466兆ルピア(327億9000万ドル)となる見通し。
ジョコ政権は、ボルネオ島のマレーシア部分やブルネイ王国を、韓国製の戦闘機や潜水艦で占領するつもりだろうか。
外貨準備高も少なく、為替安にさらされやすい国でもある。
闘争民主党の人気ではなく、ジャカルタ特別市のジョコ市長の人気で、闘争民主党が政界の要所を支配しているが、

【ジャカルタ共同】
武器を製造してテロを準備していたとして、
イスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)の
捜査関係者が30日、明らかにした。



 フィリピンで軍事訓練を受け、












NYダウは26,511.05ドル ▲0.18%減、▲48.49ドル安
そのため原油価格が上昇している。


大統領辞任のアルジェリア不安

判断難しいスーダンの今回の政変(中国へ輸出)

大国経済指標の悪化


トランプは、世界経済を牛耳り、面白くてたまらんだろう。




コロンボのキングスベリーホテル、

コロンボ郊外の「セント・セバスチャン教会」、
警察のスポークスマンRuwan Gunasekaraは、
100人が病院で治療を受けていると述べた。
ポーランド、デンマーク、中国、日本、パキスタン、
11人の外国人が国立病院で死亡していると述べた。



ムーア人187人(9.2%/古アラブ系と新インド系)

仏教徒70.19%

民族問題
スリランカは、仏教徒が7割、
反政府組織タミル・イーラム解放のトラ (LTTE)を政府軍が殲滅して2009年5月終息。
不満のタミル人と地方シンハリ人が投票して大統領に)は、

11月16日、国会でラジャパクサ政権の不信任決議案が可決、
翌16日にウィクラマシンハが、シリセナ大統領より首相に再び任命された。



コロンボはスリランカ最大の都市で西海岸にあり、シンハリ人の仏教徒とキリスト教徒が主を占め、