-
食肉世界最大手JBS、
    大部分の工場が操業再開
[ワシントン/シカゴ 2日 ロイター] - 食肉加工世界最大手であるブラジルのJBSがランサムウエア(身代金要求ウイルス)によるサイバー攻撃を受けて北米やオーストラリアで操業を停止した問題で、米国の工場では2日、従業員が戻り始めた。
JBSは「世界中の全ての豚肉、鶏肉、加工調理済み食品施設、および米国と豪州の大半の牛肉施設を含め」、大部分の操業が2日再開したと発表。
「あすには世界中のオペレーションがフル稼働に近い状態になると見込んでいる」とした。
JBSは米国の牛・豚肉処理能力の約2割を占めており、工場の再開で深刻な供給の混乱は避けられる見通しだ。
事情に詳しい関係筋によると、サイバー攻撃にはロシアのハッカー集団「レビル」が関わっている。
今年に入ってからロシアに関係した大規模なサイバー攻撃は3回目となり、米ホワイトハウスのサキ報道官は2日、バイデン大統領が6月中旬に予定されるロシアのプーチン大統領との会談でこの問題を取り上げると明らかにした。




オランダのビール大手「ハイネケン」が8000名の人員削減へ
全従業員の約1割に相当する8000名の人員削減を明らかにしました。
この施策に伴うリストラ費用として4億2000万ユーロ(約537億円)を計上する一方、

2020年12月期決算が2億400万ユーロ(約261億円)の最終赤字に転落するなど厳しい環境に陥っていることから、


 ((視界不良)) ((仮想のルビコン川))






COVID-19(新型コロナ感染症)により、採掘企業は原石出荷の中止・延期に追い込まれた。主要なダイヤモンド展示会がイベントや移動の制限により中止されたからだ。実現した少数の出荷についても、ダイヤモンド原石の価格は15─27%下落している。
パンデミックを理由として休止した複数のダイヤモンド鉱山は、まだ操業を再開していない。ストーノウェイ・ダイヤモンドがカナダに保有するレナード鉱山、ペトラ・ダイヤモンドがタンザニアに保有するウィリアムソン鉱山、ファイアストン・ダイヤモンドがレソトに保有するリコボン鉱山などだ。ファイアストンでは、現金資産の温存のために4月まで同鉱山の閉鎖を続ける可能性が高いと述べていた。

ディーゼル車の排ガス不正問題に関連した4つの罪で起訴された。
47歳の孟氏は無罪を主張しているが、

不正会計が発覚し、詐欺罪や共謀罪に問われている。


大統領府の報道担当者は2人の面会を否定している。
関係筋の1人によると、ゴーン被告はベイルートでキャロルさんの親族の家に滞在しているが、近く自宅に移る見通しという。
その開発費用を捻出するための人員削減が相次いでおり、

米IT大手グーグルは12日、2015年に始まった

競争の激化などで業況が悪化したとみられる。
米俳優レオナルド・ディカプリオさんらが出演した映画は
これまでに134人がリビアの沿岸警備隊や
アラブ諸国からの移民250人前後が乗っていた。


フランス南部で45度の熱波襲来
北東部カタルーニャ州では


 しかし、オゾン層の破壊が続くき、研究者らが原因を追究したところ、
貿易戦争どころではない。
スペインでは週内に40度を超えると予想され、
その途切れることのない行動への熱意、そして率直さと勇気はずっと残り続けていく」
ニキは永遠に私たちの心に残り、
独ニュルブルクリンクでのレースで、マシンがクラッシュして炎に包まれる恐ろしい事故に遭遇し、


環境汚染防止と地球温暖化の阻止を図るため化石燃料車の利用削減を試みている欧州の都市はアムステルダムだけでなく、


そうしたことからも、約半数がディーゼル車の欧州では、排ガスの影響を受ける
現在の先進国では、オゾン層を破壊しないフロンガスの代賛ガスが用いられている。
オマーンの代理店経由で私的流用 日産に使途不明なゴーン口座

FC商品を購入する機会が奪われたと言及。
ただ、過去2回の違反に対する是正で「不履行の問題」は



フランスの証券法では43.4%の日産株を持つルノーに対して、日産が持つルノー株15%は議決権がない。


フランスでは直近24時間の新規感染者数が4万人を超えました。
感染拡大を抑え込めるか注目されます。
((過去最大))((「すぐそこに」))((予想外))((承認獲得))((「恐怖」薄れるか))((その他の注目ニュース))