-
10月22日の1日を始める前に読んでおきたいニュース5本

「投票所では妨害に遭うでしょう。それでも投票を」と、ジーンズ大手リーバイスの公共広告ではモデルや俳優が視聴者に呼び掛けます。トランプ大統領の発言やツイートに応え、武装した「選挙自警団」が投票所で威圧する中、長蛇の列に耐えて市民としての義務を果たす有権者。米国では一部で期日前投票が始まっています。


 ((視界不良))
連邦準備制度理事会(FRB)の地区連銀経済報告(ベージュブック)は「活動の変化はセクターごとに大きく異なった」と指摘。「経済活動は全地区にわたって拡大が続いたが、成長ペースは大半の地区でわずかないし緩慢と判断された」という。外食産業は気温の低下で売り上げが落ち込む可能性を、銀行はローン延滞率が上昇する可能性に懸念を示した。


 ((仮想のルビコン川))
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価値は21日に急伸。オンライン決済サービス会社の米ペイパル・ホールディングスが一部暗号資産の利用が可能になったと発表し、買いが膨らんだ。ギャラクシー・インベストメント・パートナーズを経営するマイク・ノボグラーツ氏は、これで銀行間の暗号資産取り扱い競争が始まるだろうと述べた。



((透明資産))
時価総額28兆ドル(約2930兆円)に膨れ上がったS&P500種株価指数。この採用企業が保有する資産の84%以上をアルゴリズムやブランド名といった無形資産が占め、オフィスビルや工場、商品といった有形資産は20%にも届かない。見えない資産は形のある資産のように大量雇用につながらないことから、格差拡大の根源を説明している可能性があると、ニューヨーク大学のバルーク・レフ教授は論じた。


((4年前のトラウマ))
JPモルガン・チェースのラディスラフ・ジャンコビック氏は、大統領・議会選で民主党が勝利するとの見通しに市場は「ちょっと安心し過ぎかもしれない」と語る。割安なヘッジとして、米ドルがオーストラリア・ドルに対して上昇すると見込むオプションが最も有望だと指摘。オフショア人民元の下落に賭けるのも検討に値するという。



((千載一遇))
来月の大統領選挙を控えた不安から米国株式相場が大きく下げれば、絶好の買い機会になるとモルガン・スタンレーのマイク・ウィルソン氏は指摘。選挙で誰が勝利しようと、追加の経済対策が実施されることはほぼ確実で、それが資産価格を押し上げるためだとウィルソン氏は説明した。同氏は8月、翌月の相場下落を正確に予想した。



((その他の注目ニュース))






世界の生産・取引が麻痺状態
だが、ウイルス感染例が急増するなかで、パテルさんも街を離れる宝飾産業労働者たちに加わった。故郷の村で農業を始めたパテルさんは、今後数ヶ月はスーラトに戻るつもりはない。

COVID-19(新型コロナ感染症)により、採掘企業は原石出荷の中止・延期に追い込まれた。主要なダイヤモンド展示会がイベントや移動の制限により中止されたからだ。実現した少数の出荷についても、ダイヤモンド原石の価格は15─27%下落している。

<新たな取引形態の模索も>
ルカラのアイラ・トーマスCEOは、「ダイヤモンド産業全体として、売買システム近代化に向けた現実的なチャンスがある」と語る。ルカラはオンラインでのダイヤモンド取引サイトも立ち上げた。
パンデミックを理由として休止した複数のダイヤモンド鉱山は、まだ操業を再開していない。ストーノウェイ・ダイヤモンドがカナダに保有するレナード鉱山、ペトラ・ダイヤモンドがタンザニアに保有するウィリアムソン鉱山、ファイアストン・ダイヤモンドがレソトに保有するリコボン鉱山などだ。ファイアストンでは、現金資産の温存のために4月まで同鉱山の閉鎖を続ける可能性が高いと述べていた。
一方、アフリカに注力しているペトラ・ダイヤモンド(PDL.L)は、債権者とのあいだで再建協議に入っている。カナダのノースウェスト準州では、ダイアビク鉱山を保有するリオ・ティントの合弁相手企業が、資金繰り困難のために会社更生手続を申請している。
ダイヤモンド業界では、パンデミックにより人々が人生における優先順位を見直しており、結婚を予定する人が増えているため、婚約指輪の売り上げが伸びるのではないかと期待しているが、実際の数字には反映されていない。


[31日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)の]
国籍を持つレバノンに渡った。
世界的企業の経営者や実業家の仲間に加わることとなる。
ディーゼル車の排ガス不正問題に関連した4つの罪で起訴された。
07年から会社を追われる15年まで、VWに君臨した。
VWのブランドは世界的に傷つき、
中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の孟晩舟副会長は
47歳の孟氏は無罪を主張しているが、
カナダの裁判所に異議を申し立てている。
政府系ファンド「1MDB」から大量の資金を流用した
国名は明らかにしていない。

嫌疑がかけられている。
身柄の引き渡しを求めている。
米国は12月、英国のIT長者マイケル・リンチ氏の
不正会計が発覚し、詐欺罪や共謀罪に問われている。
HPはリンチ氏と別の元経営幹部を相手取り、売却前に
賠償を求めて逆提訴している


ゴーン被告、民間警備会社が出国支援 

日産自動車(7201.T)前会長カルロス・ゴーン被告は、

民間警備会社が計画を指揮し、プライベートジェット機で

同被告は、勾留中の自身や妻のキャロルさんへの支援について
大統領府の報道担当者は2人の面会を否定している。
関係筋によると、駐日レバノン大使は勾留中のゴーン被告を日常的に訪れていたという。
出国の詳しい経緯についてはコメントを控えた。
[nL4N2960KO]ただ関係筋は、会見の日程は確定していないとした。
関係筋の1人によると、ゴーン被告はベイルートでキャロルさんの親族の家に滞在しているが、近く自宅に移る見通しという。

2022年末までに少なくとも1万名の人員削減を実施すると

その開発費用を捻出するための人員削減が相次いでおり、
   ☟               ☟
独自動車「アウディ」が9500名の人員削減へ、25年までに


なお、この施策により2029年までに60億ユーロ(約7200億円)
  ☟       ☟
脱税捜査で合意
米IT大手グーグルは12日、2015年に始まった
罰金と追加納税として計約10億ユーロ(約1200億円)
フランスのメディアが伝えた。


グーグルは欧州内でイタリアなどの当局とも同様の合意を

1912年に氷山に衝突して沈没した英豪華客船タイタニック号を建造した
競争の激化などで業況が悪化したとみられる。
5日には、会計事務所が管財人に指名されたと発表していた。
最盛期には3万人以上だった従業員も、
破綻に伴って解雇される。
米俳優レオナルド・ディカプリオさんらが出演した映画は

[トリポリ/ジュネーブ 25日 ロイター] 
リビア海軍当局者が25日に明らかにしたところによると、
これまでに134人がリビアの沿岸警備隊や
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はこれより先、
グランディ国連難民高等弁務官はツイッターで、
リビア海軍の広報担当者によると、船には、
アラブ諸国からの移民250人前後が乗っていた。
駐仏バチカン大使の特権放棄 



1月に開かれたパリのイダルゴ市長の新年賀詞交換会で、
職員は上司に報告し、市当局が検察当局に通報した。
被害などで当局に告訴した。


チプラス首相率いる与党の急進左派連合は
チプラス氏は7日夜の記者会見で、EUなどの意向に従い
敗因を分析した。
フランス南部で45度の熱波襲来
各国の政府は屋外での活動を控えるなどの

イタリアのミラノで
北東部カタルーニャ州では
また、フランスでは28日、
国内の観測史上最高を16年ぶりに更新したほか、
臨時の給水所が設けられた。





 しかし、オゾン層の破壊が続くき、研究者らが原因を追究したところ、
中国は地球上に大気汚染を撒き散らすだけできなく、フロンガスまで大生産している。
中国では都市部では高層ビルに高層マンション、すべてに断熱材に発泡スチロールを利用していることにある。
また、煙突にはすべて脱硫装置を付けさせ、PM2.5/黄砂以外のPM10を
貿易戦争どころではない。

【ベルリン共同】

スペインでは週内に40度を超えると予想され、

 伝説のF1ドライバー

その途切れることのない行動への熱意、そして率直さと勇気はずっと残り続けていく」
そして公の場を離れれば、愛にあふれた優しい夫であり、父親であり、祖父でした。
「われわれの友人であり仲間、
亡くなったことを知り、
ニキは永遠に私たちの心に残り、
安らかに眠れ、ニキ」とつづった。
世界選手権を制覇、2012年からメルセデスAMG(Mercedes AMG)で非常勤会長を務めており、
コンストラクターズ選手権5連覇の功労者となった。
独ニュルブルクリンクでのレースで、マシンがクラッシュして炎に包まれる恐ろしい事故に遭遇し、
有毒ガスを吸って肺を損傷した。




環境汚染の防止と地球温暖化の進行阻止を目指した措置。



環境汚染防止と地球温暖化の阻止を図るため化石燃料車の利用削減を試みている欧州の都市はアムステルダムだけでなく、
規制をクリアしたディーゼルエンジンとは、
燃料をエンジンで一次燃焼させ、発生した排ガスのPMを、
尿素と反応させて無害化している。


VW排ガス問題は、そのストップをエンジンルーム温度に関係なく最初から、燃費効率を上げるために設定し、

尿素系排ガス触媒装置(SCR)を、機能させていなかった。

摂氏10度以下ではSCRが機能しないようにプログラム設定していたことも判明していた。
VWの株主にドイツ地方政府が主要株主となっており、役員も輩出していることに起因しているとされる。
マツダのスカイアクティブディーゼルエンジンは、欧州勢のディーゼルエンジンの高温燃焼ではなく、低温燃焼でエンジン温度が高温にならず、エンジンを破壊する心配もなく、また有毒排ガスも発生しにくいため、画期的なクリーンディーゼルエンジンであるが、ディーゼルエンジンそのものがVWなどの独勢メーカーの悪巧みにより烙印を押されたことにより、見直されることなく、マツダ不振の原因にもなっている。
そうしたことからも、約半数がディーゼル車の欧州では、排ガスの影響を受ける
都市部の道路での汚染物質は限りなくなり、健康上は効果がある。

水素燃焼エネルギーで電気を起こし、水から水素を取り出すシステムが、大気汚染対策に最有効だろう。
当時、騒がれていた世界生産量より、現在の中国での生産量が大きくなっている。
現在の先進国では、オゾン層を破壊しないフロンガスの代賛ガスが用いられている。

、屋根が炎上する大規模な火災が発生した。

オマーンの代理店経由で私的流用 日産に使途不明なゴーン口座
当時、ゴーン前会長は、私的な為替取引の損失をめぐって銀行側から巨額の追加担保を求められていて、借り入れの翌月、約22億円の定期預金を担保として差し入れていたという。

共同通信によれば、オマーンの代理店には2012年以降、日産の「CEOリザーブ」と呼ばれる予備費から計35億円が支払われた。
ゴーン被告は昨年11月、自分の役員報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして金融商品取引法違反容疑で逮捕され、その後、同法違反容疑と会社法違反(特別背任)の容疑で計2回、再逮捕された。

商品の海外販売を阻害したとして、同社に対し1250万ユーロ(約15億5500万円)の制裁金を科した。
FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、インテル・ミラノ、ASローマ、フランス
ベステア委員(競争政策担当)は、ナイキの違法行為により、
FC商品を購入する機会が奪われたと言及。
消費者の選択肢を減らし、価格を上昇させた」と述べた。
広告仲介事業で競争法に違反
予想を上回る14億9000万ユーロ(約1900億円)の制裁金を科した。
ただ、過去2回の違反に対する是正で「不履行の問題」は
欧州委員会が競争法違反でグーグルに科した制裁金は、これで総額82億ユーロに達した。
地域・求人検索サービスに新たな調査が入らないよう努めている。


2010年以降、低下を続け、
ケント・ウォーカー氏は


日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(64)を巡る一連の事件で、
住居の国内制限や海外渡航の禁止のほか、

 マクロンは、ルノーのEVを買わせようとしているのだろうか。


ゴーン氏は今年6月、ルノーCEOの任期となっていた。
1、今回、逮捕されたケリー代表取締役など極一部で共有されていた年10億円の報酬を別途、退職後にまとめて受領する契約書を作成(ゴーンの署名なし)していたことを突き止め、報酬未計上問題、

広義には、ルノーの雇用問題があるとしながら、自らが種を撒き、ゴーンを逮捕させてしまったマロン大統領。
フランスの証券法では43.4%の日産株を持つルノーに対して、日産が持つルノー株15%は議決権がない。
<マクロン人気暴落>66%⇒25%
39歳のマクロンを大統領にしたサイレントマジョリティに対して、マクロンは真摯に対応していれば、大臣たちも辞めることはなかったろうが、元々バンカー出身で日産を手篭めにして、よくぞやったと国民から褒めてもらい一身で動いていた。いや大臣時代の失敗を大統領になり実現しようと試みていたと見るほうが正解だろう。

マクロン支持率は、今年10月33%、11月25%・・・昨年5月の政権発足時66%だった。
以上。



2020年10月
23日//1日を始める前に読んでおきたいニュース5本

 ((おはようございます!))

欧州で新型コロナウイルス感染の再拡大が止まりません。
フランスでは直近24時間の新規感染者数が4万人を超えました。
このほかイタリア、ドイツ、オランダなどでも新規感染者数が過去最多を記録。
域内各国で夜間外出禁止などの措置が広がっています。
カステックス仏首相は「11月は試練の月になる」と述べました。
感染拡大を抑え込めるか注目されます。

((以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。))

((過去最大))
米ゴールドマン・サックス・グループはマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の不祥事に絡み米当局から制裁金を科され、支払いに合意した。1MDBの資金流用事件で同行が果たした役割について、初めて有罪を認める。米当局への支払い額は23億ドル(約2400億円)超と、米海外腐敗行為防止法(FCPA)違反に対する制裁金では過去最大。制裁金は世界全体で50億ドルを超える。


((「すぐそこに」))
ペロシ米下院議長は、景気対策法案を巡るムニューシン財務長官との合意が「すぐそこに」あると述べた。一方で、解決できていない問題については引き続き交渉しているという。「われわれは引き続き交渉に臨む。合意に達することは可能だと希望を持っている」とペロシ氏は発言。法案を下院に提出できるよう、妥協案の作成を急ぐ。


((予想外))
トルコ中央銀行は予想外の政策金利据え置きを発表した。リラのボラティリティーがさらに高まるリスクがある。金融政策委員会(MPC)は1週間物レポ金利を10.25%で維持。ブルームバーグの調査で27人のエコノミストのうち据え置きを予想したのは2人のみで、大方は利上げを予想していた。中銀の発表を受けてリラは下落。ドルに対して一時2.1%下げ、過去最安値を更新した。


((承認獲得))
米食品医薬品局(FDA)は、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「ベクルリー」(一般名レムデシビル)を承認した。FDAは5月にレムデシビルの緊急使用許可(EUA)を付与。それ以来、新型コロナ感染症(COVID19)の入院患者の治療で幅広く利用されてきた。


((「恐怖」薄れるか))
米大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領が明確な勝利を収めれば、「恐怖指数」と呼ばれるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)は、新型コロナ流行前の水準に低下するだろうとバークレイズが予想した。バイデン氏の勝利が11月3日の投票日から時間をおかずに確認されれば、VIXは「少なくとも」20まで下がるだろうと、同社は予想する。


((その他の注目ニュース))