-
RSS フォローする ファンになる

最新記事

バイデン氏がトランプ大統領にリード維持、
米、香港から輸出は「中国製」に 国安法制裁、貿易で同一の扱い
香港メディア王の黎氏、国安法違反で逮捕
米、中国IT大手と「取引禁止」 大統米、中国IT大手と「取引禁止」
世界の感染者1800万人超 米ブラジル印3カ国で約半数

カテゴリー

〔シカゴ穀物展望〕
NYダウ 工業株30種平均構成銘
NY特急便
アジアワールド
イスラム教関連
エコ
オフィスに緑
オリンパス
ガーデニングショウ
キューバ関連
スノーデン氏
ナチスのの心理兵器
ミチヒロ企画/箕面市
ユニバーサル園芸社
リーマンが破産法脱却、4
リンカーン 最期の旅
世界の最新情報
世界の金融関連
中国関連情報
北朝関連情報
営業の極秘テクニック
地質&地下水
地震関連情報
外壁緑化
天源淘宮術
宇宙関連
屋上緑化
強国ランキング
性格改良術
故ブッシュ元大統領
新型コロナウイルス
日本の株式関連
株式関連
植物工場
植物関連
植物関連全般
欧州関連
洋蘭
漁業関連
熊本県地震4月14日
熱中症対策
畜産関連
省エネ
米国の選挙関連
経済
緑地帯
農業関連
野菜工場ユニット式
防災関連
音楽関連
香港最新情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

スノーデン氏

ロシア女性らがスノーデン氏に愛の手を「家もハートもあげる」

モスクワ在住女性の多くが
 
スノーデン氏に力相応の援助を申し出たいと考えていることが
 
わかった。
 
そうした支援には住居のほか、
 
将来の結婚生活の約束までがセットになっている。
  
 ロシア社会院のメンバーで、スノーデン氏の
 
コンサルティングを行う弁護士の
 
アナトーリー・クチェレナ氏のもとには、
 
モスクワ在住の女性たちからこうした申し出が相次いでいる。  
 
インターファックス通信

スノーデン、ロシアへの亡命を公式に求める

元CIA職員スノーデン氏が公式にロシアへの政治亡命を申請した。
 
社会評議会メンバーで弁護士の
 
アナトーリイ・クチェレナ氏が発表した。
  
スノーデン氏は6月、米国の諜報機関によるインターネットユーザーへの秘密追跡プログラムに関する情報をメディアに漏洩。
 
逮捕・裁判・実刑を恐れて逃亡、香港経由でロシアに逃れた。
 
現在、氏は、シェレメチエヴォ国際空港(モスクワ)のトランジットゾーンに
滞在している。
 
一連のラテンアメリカ諸国が政治亡命として氏を受け入れる意向を表しているが、氏の米国パスポートが既に失効しているため、どこへも入国できない。  
 
 米国務省はロシア側に氏の拘束と本国返還を求めているが、
 
ロシア側は、氏はロシアの国内法を何ら犯してはおらず、
 
またインターポールからの国際指名手配もないとして
 
、これを拒絶している。  
 
 先週金曜(12日)、スノーデン氏は、ロシアの(および国際)人権保護団体の面々と会談し、ラテンアメリカ諸国への亡命手続きが完了するまで仮にロシアに亡命したい旨を伝え、それについて協力を求めていた。  
 
 VOR

スノーデン、ベネズエラ亡命へ

スノーデン、ベネズエラ亡命へ
 
CIA元職員スノーデン氏がベネズエラへの政治亡命という提案に
 
応じた。
 
9日、ガスドゥーマ(ロシア議会下院)国際問題委員会の
 
アレクセイ・プシコフ委員長が発表した。
  
 「この選択肢が一番スノーデン氏の気に入ったようだ」と
 
プシコフ氏がTwitterに記している。  
 
リア・ノーボスチ

スノーデン チャップマンのプロポーズにOK ?

かつてCIA職員であったエドワード・スノーデン氏は、米国でスパイ罪に問われており、モスクワの「シェレメチェヴォ」国際空港のトランジットゾーンに身を隠しているが、アンナ・チャンプマンさんからのプロポーズに答える意向を明らかにした。

スノーデン氏は
本日ツイッターへの投稿で、「何があってもチャップマンさんと
結婚したことだろう。彼女を見てごらんよ。」と書いている。
 
それに対するユーザーからのコメントでは、「これは君の問題の解決になる」と書き込まれた。
 
ロシアの法律によれば、ロシア人と結婚した外国人は自動的にロシア国籍を
取得できるわけではないが、取得の根拠がより大きくなるとされている。
 
木曜日、アンナ・チャップマンさんはスノーデン氏に対して、
「私と結婚しない?」
 
と英語でツイートし、プロポーズを行っていた。
Forbes.Ru

パスポートを持たないエドワード・スノーデン

7.07.2013, 16:46
 
米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏が、モスクワ・シェレメチボ国際空港のトランジットゾーンに滞在してから約2週間が経過した。
 
しかし、スノーデン氏の先行きは未だに不明だ。
 
スノーデン氏は政治亡命を申請し、許可を待っている。
 
スノーデン氏は
シェレメチボ空港のカプセルホテルから世界を賑わせている。
  
 スノーデン氏は、カプセルホテルの狭い部屋に滞在することに飽きたようだ。
 
スノーデン氏は先週はじめ、20カ国以上に亡命を申請した。
 
ロシアのプーチン大統領は、スノーデン氏の亡命申請に条件を提示し、次のように語った。  
 
 
 「もし彼がロシアに残りたいならば、一つ条件がある。
 
それは、私が言うのもなんだが、我々の米国のパートナー達に損失をもたらすような活動を止めるという事だ。
 
だが彼(スノーデン氏)が、自らを人権活動家や人々の権利を守る闘士だと考えており、そのような活動を止める意思はないと思われる。
 
そのため彼は、自分のために滞在国を選び、そこへ移動しなければならない。」  スノーデン氏は、ロシアが最も良い選択肢ではないことに同意し、亡命申請を撤回、受け入れ先探しを続けた。
 
同じ時期モスクワでは、「ガス輸出国フォーラム」の首脳会議が開かれた。
 
会議に参加したイラン、ベネズエラ、ボリビアの首脳らは、米国に対して冷ややかな態度を示した。
 
ジャーナリストたちがスノーデン氏を巡る状況についてコメントを求めたとき、ボリビアのモラレス大統領は、スノーデン氏から亡命申請があれば検討する考えを表した。
 
この発言は、モラレス大統領の生命を危険にさらした。
 
モラレス大統領は、スノーデン氏が滞在しているとされるシェレメチボ空港ではなく、ヴヌコヴォ空港から帰国の途についたが、フランスとポルトガルがモラレス大統領の専用機の領空通過を突然拒否した。
 
モラレス大統領が乗った航空機に、スノーデン氏が搭乗していると考えたのだ。  
 
なお先週、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国でパートナーである米国が、欧州連合(EU)を盗聴や情報監視の対象としていたと報じられた。
 
フランスのブルーノ・ゴルニッシュ欧州議会議員は、欧州諸国がボリビア大統領の専用機の領空通過を拒否したことに憤慨し、次のように語った。  
 
 「非常に残念なことにフランス政府の米国に対する態度は敬服的なものだ。
 
唯一のリアクションは自由取引についての交渉を2週間延期するよう要請したことだった。
 
ドイツのメルケル首相などは、すべては合法的であり、交渉は予定どおり行われるとの声明を表している。
 
これはあんまりだ! 私は、我々がいかに米国に依存する状態にあるかに非常なショックを受けたが、それよりもショックだったのはフランスがボリビアのモラレス大統領を乗せた飛行機が自国上空を飛行することも禁じたという事実だ。
これは私の国に対する正真正銘の侮辱だと思う。」 
 
モラレス大統領の専用機は、オーストリアのウィーンに緊急着陸した。
 
モラレス大統領は、オーストリアの代表者らが専用機を検査し、スノーデン氏が乗っていないことを確かめるまで、12時間以上にわたってウィーンに足止めされた。
 
その後、欧州諸国は、モラレス大統領の専用機事件について説明した。
 
スペインのガルシア=マルガージョ外相は5日、スノーデン氏が「確かに」乗っているとの情報が伝えられたことを受けての措置だったと伝えた。
 
外相は、情報の出所を明らかにすることについては拒否したが、米国からスノーデン氏の居所に関する情報を入手したかとの質問に対しては、「調査上の秘密だ」と答えた。
 
政治学者のセルゲイ・ミヘエフ氏は、モラレス大統領の専用機を巡る事件は、米情報機関のミスだと指摘し、次のように語っている。  
 
 「これは、米情報機関、全ての管理システム、そして米外交政策全般の大きなミスだ。彼らは激昂している。
 
他の者たちへの見せしめとして、スノーデン氏を裁判にかけるために、彼らにはスノーデン氏が必要なのだ。
 
だが上手くいかないためミスを犯し始めた。
 
専用機を巡る事件は、その一つだ。」  ラテンアメリカ諸国は、モラレス大統領に同情の意を表し、猛烈に抗議、国連の潘基文事務総長に判断を求めた。  
 
現在、ベネズエラとニカラグアなどがスノーデン氏の受け入れを表明している。