-
RSS フォローする ファンになる

最新記事

バイデン氏がトランプ大統領にリード維持、
米、香港から輸出は「中国製」に 国安法制裁、貿易で同一の扱い
香港メディア王の黎氏、国安法違反で逮捕
米、中国IT大手と「取引禁止」 大統米、中国IT大手と「取引禁止」
世界の感染者1800万人超 米ブラジル印3カ国で約半数

カテゴリー

〔シカゴ穀物展望〕
NYダウ 工業株30種平均構成銘
NY特急便
アジアワールド
イスラム教関連
エコ
オフィスに緑
オリンパス
ガーデニングショウ
キューバ関連
スノーデン氏
ナチスのの心理兵器
ミチヒロ企画/箕面市
ユニバーサル園芸社
リーマンが破産法脱却、4
リンカーン 最期の旅
世界の最新情報
世界の金融関連
中国関連情報
北朝関連情報
営業の極秘テクニック
地質&地下水
地震関連情報
外壁緑化
天源淘宮術
宇宙関連
屋上緑化
強国ランキング
性格改良術
故ブッシュ元大統領
新型コロナウイルス
日本の株式関連
株式関連
植物工場
植物関連
植物関連全般
欧州関連
洋蘭
漁業関連
熊本県地震4月14日
熱中症対策
畜産関連
省エネ
米国の選挙関連
経済
緑地帯
農業関連
野菜工場ユニット式
防災関連
音楽関連
香港最新情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

北朝関連情報

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破 -韓国政府

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破
-韓国政府


北朝鮮が16日、開城工業団地内にある南北共同連絡事務所を爆破した。

韓国統一省が確認した。

北朝鮮は朝鮮人民軍を韓国との軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)に進出させると警告していた。

  聯合ニュースは先に、北朝鮮の開城工業団地付近から煙と爆発音が確認されたと報じた。

同工業団地は南北共同で設立された。

  北朝鮮は南北共同連絡事務所が現地時間午後2時50分(日本時間同)に「見事な爆発で徹底的に破壊された」と発表した。

共同連絡事務所は韓国の文在寅大統領による関係改善の取り組みの中で2018年に開設され、DMZでの緊張緩和を目指し南北に恒常的な対話の場を提供してきたが、北朝鮮は1週間ほど前に共同事務所の活動を停止していた。
 
  韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一相は、北朝鮮の動きは「予想されたもの」だと述べた上で、状況を一段としっかり見守る必要があると語った。

  世宗研究所の鄭成長氏は、北朝鮮の行動は韓国との関係を「完全に断つ強い意志」を示していると指摘。

「北朝鮮は開城工業団地の再軍事化を目指している。

共同連絡事務所爆破はその第一歩にすぎない」との見方を示した。

  南北共同連絡事務所の爆破後、北京での定例記者会見で
中国外務省の趙立堅報道官は朝鮮半島の平和を中国は常に望んでいると述べたが、
南北の共同事務所には言及しなかった。

原題:North Korea Appears to Destroy Inter-Korea Office, Yonhap Says、S. Korea Confirms N. Korea Blew Up Inter-Korean Liaison Office、North Korea Blows Up South Korea Liaison Office, Seoul SaysNorth Korea Blows Up South Korea Liaison Office, Seoul Says、N. Korea Says Inter-Korean Liaison Office ‘Completely Ruined’(抜粋)

金正恩氏が死亡の場合、北朝鮮に何が起きるのか?

 金正恩氏が死亡の場合、
北朝鮮に何が起きるのか?

【AFP=時事】

北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が2週間以上、公の場に姿を見せていない。

政治的に重要な式典に出席せず、心臓血管系の手術を受けたとの報道もあることから、金氏が執務遂行不能状態に陥っている、または死亡したとの臆測さえ流れている。


 韓国と米国はいずれもこうした臆測を打ち消しているが、北朝鮮国営メディアは金氏の名前でメッセージを発信するだけで、動向に関する具体的証拠はない。


 もしも正恩氏が死亡した場合、同氏の祖父で、北朝鮮建国の父とされる故金日成(キム・イルソン、Kim Il-Sung)国家主席から3代続く金政権に何が起こるのか。


■正恩氏の死を世界はどのように知るのか?


 過去の例から見ると、北朝鮮の最高指導者が死亡した場合、最初の兆候となるのは国営テレビでの特別放送による発表だ。

女性アナウンサーが黒い服を着ていれば、正恩氏が死亡したと考えられる。


 北朝鮮の重要な出来事を何十年にもわたって伝えてきた女性アナウンサーに、李春姫(リ・チュニ、Ri Chun-Hee)氏がいる。

1994年の金日成氏死去、2011年の金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記死去は、李氏が黒い服を着用して伝えた。


■金政権は続くのか?


 北朝鮮の正式な国名は「朝鮮民主主義人民共和国」だが、実際には共和制ではなく、1948年の建国以来、金一族が支配してきた。


 朝鮮労働党は、初代最高指導者の金日成氏が日本統治時代の朝鮮半島(Korean Peninsula)で抗日武装闘争を率いたこと、さらにその後の朝鮮戦争(Korean War)時代に米軍主導の国連(UN)軍との戦いを率いたことを根拠に金政権の正統性を主張している。


 朝鮮労働党の支配は社会の隅々にまで及んでおり、金氏が死亡した場合も何らかの民衆蜂起が起きるとは考えにくい。



■後継者争いは?


 金正恩氏には3人の子どもがいるとされるが、第二子が娘としか知られていない。

いずれにせよ3人の子どもは、後継者となるにはまだ幼すぎる。


 正恩氏の妹で最も親しい助言者でもある金与正(キム・ヨジョン、Kim Yo-Jong)氏は、朝鮮労働党の第1副部長で、金一族の中で現在最も存在感があるが、封建的な北朝鮮社会で女性指導者は例がない。


 異母兄の金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏は、2017年にマレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur International Airport)で神経剤を顔に塗られて暗殺された。

この事件については、大半のアナリストが北朝鮮による殺害だとみている。


 一方、実兄の金正哲(キム・ジョンチョル、Kim Jong-Chul)氏は、英ミュージシャンのエリック・クラプトン(Eric Clapton)氏のファンだということが知られているだけで、政治的野心はないとされている。


 正恩氏の妻の李雪主(リ・ソルジュ、Ri Sol-ju)氏は、これまでの最高指導者夫人よりも公の場で存在感を放っており、2018年にはファーストレディーに相当する「女史」の肩書が付与された。


 故金正日総書記の異母弟で、正恩氏の叔父に当たる金平一(Kim Pyong Il)氏は長年にわたって東欧諸国で北朝鮮大使を務めていたが、昨年駐在先のチェコから呼び戻されて以降、現在に至るまで消息が聞こえていない。


■金一族以外の後継者の可能性は?


 正恩氏が後継者を指名したとは伝えられていないが、ナンバー2として公認されているのは、朝鮮労働党の意思決定機関である政治局の委員で、最高人民会議(国会に相当)常任委員長も務める崔竜海(チェ・リョンヘ、Choe Ryong Hae)氏だ。


 同氏の権力は強大な上、婚姻によって金一族の親族となっている可能性もある。

正恩氏の妹の与正氏が結婚しているかどうかの確認は取れていないが、韓国メディアは過去に匿名筋の情報として、与正氏の夫が崔竜海氏だと報じたことがある。




【翻訳編集】AFPBB News

北朝鮮、ミサイル基地を拡張か 米報道

北朝鮮が北部の山岳地帯で長距離ミサイル基地を

拡張している可能性があることが新たな衛星画像で分かった。

米CNNテレビが5日報じた。

6月の米朝首脳会談後もこうした活動を続けているもようだという。

CNNによると、米ミドルベリー国際大学院モントレー校による分析で、

既存の基地から約11キロメートル離れた場所で新たな施設の建設が確認されたという。

新施設の近辺にはミサイルを保管する地下トンネルに続く5つの入り口がある。

同校はこれらの施設が核弾頭を搭載し、

米国を攻撃できる長距離ミサイルの拠点となる可能性もあると指摘。

「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が非核化の意思をどう語ろうが、

北朝鮮は核ミサイルの生産と配備を続けている」との見方を示した。

北朝鮮は9月の南北首脳会談の際に発表した合意文書で、

北西部の東倉里(トンチャンリ)にあるミサイルエンジン試験場を廃棄すると表明した。

ただ、その他のミサイル施設の扱いには触れていない。

12日の東京商品取引所で

12日の東京商品取引所で金が続落した。

為替のドル高を背景に9日のニューヨーク金先物が下落し、

東京金にも売りが続いた。

米国が利上げを続けるとの見方も金相場の重荷になった。

パラジウムは反落した。

同じ貴金属である金相場が下落し、このところ買われていた

パラジウムの利益確定や持ち高整理を目的とした売りを促した。

以下は主な商品(期先)の清算値。

・金        4413円   34円安

・白金       3118円   4円安

・ガソリン   6万1230円  280円高

・原油     4万9730円  400円高

・ゴム(RSS)  158.5円  2.5円安

・トウモロコシ 2万5140円   20円安

・一般大豆   4万4600円   横ばい

※単位は

金と白金が1グラム、

ガソリンと原油が1キロリットル、

ゴムが1キログラム、

トウモロコシと一般大豆が1トン。

北朝鮮特需 鉄道・道路だけで4.4兆円と

ぶら下がる北朝鮮特需を前に、経済・雇用悪化にデータを捏造でもしない限り事を急がねばならぬ文政権。


中間選挙を控え、世界を好きなように操るトランプ米大統領は目下、FALL IN LOVE WITH KIM状態。当然、CUPIDはMOON氏ということになる。

文氏は、その間隙を最大限利用して、北朝鮮特需により難関を全面突破しなければならない宿命を帯びている。

当然、KIM殿は、MOON氏もTRUNP氏も、そうした現実を読みきっている。

金氏は文氏の平壌訪問のお礼にマッタケ2トンと豊山犬のつがいをプレゼントしたという。どちらも誰かが食べてしまうのだろうか。

韓国文政権が、板門店宣言履行のため、北朝鮮の鉄道・道路の現代化事業について、韓国鉄道施設公団の内部資料に基づき、少なくとも43兆ウォン(約4兆4千億円)かかることが分かったと韓国紙か報道している。

韓国政府は9月11日の閣議で、板門店宣言批准同意案を議決し、2019年には南北鉄道・道路の連結と現代化に必要な費用を2,951億ウォン(約300億円)と推算していた。

金正恩氏が訪中、習主席と会談















中国国営新華社と北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が25~28日に訪中し、習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談したと伝えた。

北京を訪問した北朝鮮要人が金委員長だったと確認された。

中国側によると金委員長は会談で非核化実現への意欲を表明した。

中朝両国は5月に予定する米朝首脳会談を前に関係修復を図ったとみられる。

金委員長が北朝鮮の最高指導者に就いて以降、外国訪問は初めて。

北朝鮮の最高指導者の訪中は故金正日(キム・ジョンイル)総書記時代の2011年以来7年ぶりだ。

金委員長には李雪主(リ・ソルジュ)夫人や崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長らの幹部が同行した。

中国側は王岐山国家副主席や李克強(リー・クォーチャン)首相が参加した。

新華社によると金委員長は習氏との会談で「金日成主席と金正日総書記の遺訓に基づき朝鮮半島の非核化実現に尽力する」と表明した。

米国との対話を望み、トランプ大統領との会談に意欲を示した。

 一方で「米韓が我々の努力に善意で応えて平和安定の雰囲気をつくり出し、段階的で歩調を合わせた措置をとるなら非核化の問題は解決できる」とも強調。

非核化は体制保証といった北朝鮮の要求に米国が対応しつつ、段階的に進めることが不可欠との認識を示した。

 習氏は中国が朝鮮半島の非核化目標を堅持しているとの立場を示した。

朝鮮中央通信は28日午前時点で、非核化に関する内容を伝えていない。

 新華社によると両首脳は中朝の伝統的友好関係を評価し、北朝鮮の核・ミサイル問題で冷え込んだ関係の修復を確認。

習氏は「中朝の歴代指導者は密接に交流し、社会主義事業の発展に重要な貢献をした」と述べ、関係強化に意欲を示した。

 金委員長は「初外遊で訪中したことは私が両国の友好伝統を継承していることを示した」と語った。

朝鮮中央通信によると金委員長は習氏の訪朝を招請し、習氏は快諾した。

 習氏は対話に向かい始めた朝鮮半島情勢について「北朝鮮の努力を称賛する」と述べ、北朝鮮が韓国や米国と予定する首脳会談への支持を表明。

その上で「中国は引き続き建設的な役割を果たしたい」と積極的に関与する考えを示した。

 中国は米朝首脳会談が韓国の仲介で道筋がついたことについて、主導権が低下するとの警戒があった。

の中朝首脳会談を機に北朝鮮を中国側に引き戻し、影響力を取り戻す狙い。今後の半島情勢については6カ国協議など中国が参加する枠組みでの調整を図るとみられる。

 北朝鮮側は強硬路線をちらつかせるトランプ米大統領との会談を前に、後ろ盾である中国との関係を再構築し、対米カードの一つにする狙いだったようだ。

経済制裁の影響が広がるなか、中国から経済支援を取り付けたい思惑もにじむ。

 金委員長が乗ったとみられる特別列車は28日朝、遼寧省丹東から中朝国境を流れる鴨緑江を渡り北朝鮮に戻ったことが確認された。

帰国したとみられる。

迎撃ミサイル中四国配備へ調整 政府

政府は北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、島根、広島、高知の各県上空を通過すると予告しているのを受け、中国、四国地方に地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を配備する調整に入った。

落下に備えて迎撃態勢を整える。発射が強行されれば集団的自衛権に基づいて自衛隊が迎撃することも検討する。

小野寺五典防衛相は10日夜、都内で記者団に中国、四国地方へのPAC3配備について「様々なことを勘案しながら必要な措置を取る」と指摘した。

福岡県などの航空自衛隊基地からPAC3を陸路で運ぶとみられる。
 
朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍は中距離弾道ミサイルを4発同時に発射し、グアム沖30~40キロメートルの海上に落下させる案を検討中と発表。

島根など3県の上空を通ると表明した。
 
日本の弾道ミサイル防衛網は、イージス艦の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と地上のPAC3による二段構え。

SM3が軌道が頂点に達した段階、PAC3は落下から着弾するまでの段階でそれぞれ迎撃を担う。
 
PAC3の防護範囲は半径数十キロ。

空自は全国15カ所程度に配備しているが、中国、四国地方には1カ所もない。

車両付で移動しやすく、昨年2月には沖縄県石垣島などに暫定的に置いた。

北朝鮮弾道ミサイル、EEZ内に落下か

菅義偉官房長官は29日、北朝鮮が28日午後11時42分ごろ、

同国中部から弾道ミサイルを発射し、45分間飛行した後、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられると発表した。

「度重なる挑発行動は断じて容認できず、北朝鮮に厳しく抗議し最も強い表現で非難した」と語った。

飛行時間は過去最長とみられる。

菅長官は付近を航行する航空機や船舶への被害は確認していないと表明。

安倍晋三首相が
(1)情報収集・分析に全力を挙げ国民に迅速的確に情報提供する
(2)航空機・船舶の安全確認を徹底する
(3)不測の事態に備え万全の態勢をとる――
の3点を指示したと明らかにした。
 
首相は菅長官の記者会見に先立ち「ただちに分析し、国民の安全確保を第一に、万全を期したい」と強調した。
首相官邸で記者団に語った。
 
政府は29日未明、官邸で国家安全保障会議(NSC)の
関係閣僚会合を開催。
情報収集と分析を急いだ。
弾道ミサイルは発射角度を通常より高くする「
ロフテッド軌道」を描いた可能性もある。
 
北朝鮮は7月4日、初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し約39分間の飛行の後、日本のEEZに落下。

27日の朝鮮戦争の休戦協定締結64年に合わせ性能を高めたICBMの発射の可能性が取り沙汰されていた。
 
韓国の聯合ニュースによると、韓国合同参謀本部は北朝鮮が28日午後11時41分(日本時間同)ごろ、慈江道から弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射したと明らかにした。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国家安全保障会議を緊急招集する。米国防総省も発射を探知したと、複数の米メディアが伝えた。

北ミサイル落下、隠岐から

 菅官房長官は29日朝の記者会見で、

北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、

「新潟県・佐渡島から約500キロ・メートル、

島根県・隠岐諸島から約300キロ・メートルの

日本海上に落下したと推定される」と述べた。

インド、北朝鮮への輸出禁止 食料と医薬品を除く

インド政府が北朝鮮に対する食料と医薬品を除く一切の品目の輸出を禁じたことが2日、明らかになった。

核開発を続ける北朝鮮は設備関連の調達ルートの一つを絶たれることになる。
 
インド外務省が公表した4月21日付の決定通知によると、禁輸措置は即時実施した。

食料や医薬品は除外するとするが、国連安全保障理事会(UNSC)と国際原子力機関(IAEA)の制裁品目すべてを「戦闘能力のある武器の開発に直接寄与するもの」として禁輸対象にした。

個別品目としては、戦車や軽装備車両、金融取引、技術訓練、助言やメンテナンスなどに言及した。
 
今回の決定通知では、北朝鮮からの輸入禁止には言及していないが、輸出入双方を禁じたとの報道もある。
 
国連統計によると、インドは2016年に北朝鮮に対し、前年比51%減の5418万ドル(約60億円)を輸出した。

詳細は不明だが、機械類が多くを占めているとみられる。

同年の北朝鮮からの輸入は同12%減の8744万ドルだった。
 
インドは15年、北朝鮮による人権侵害を非難する国連採決を棄権し、同年には北朝鮮外相の公式訪印を受け入れた。

UNSCが制裁決議をする中でも足並みをそろえず、これまで北朝鮮と国交を保ってきている。

北朝鮮と米軍の動きに警戒、今月末まで不安定

<三井住友アセットマネジメント シニアストラテジスト 
市川雅浩氏>

足元の株安・円高の進行は、地政学リスクの高まりに尽きる。

北朝鮮では、15日の故金日成主席生誕105周年など重要イベントを控えるため、同国と米軍の動きについて楽観的な見方が出てくるまでは警戒が続くだろう。

日経平均の目先の下値は1万8400円と見込まれる。

政治的軍事的な話は不確実性が高く、先は見通しにくい。

少なくとも、4月いっぱいは不安定な状態が続くと予想される。

ただ、それらが経済に影響がないという見方が出てくれば、買い戻しの動きが出てくる可能性が高い。

深刻化、混迷化、長期化しなければ過度な株安・円高にはなりにくい。

だが、買い戻しが入っても日経平均の上値は重く、1万9000円乗せに苦労することになるだろう。

来月にかけて主要企業の決算発表が相次ぐが、輸出企業の2017年度の想定為替レートは控えめになると予想される。

ガイダンスが控えめだと、個別で業績の良いものに買いが集中する。業績は改善傾向にあるが、指数全体の押し上げ期待へは今の状態では繋がりにくい。

正男氏遺体、北朝鮮に引き渡し マレーシアが合意

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で両国は30日、遺体を北朝鮮に引き渡すことで合意したとする共同声明を発表した。

朝鮮中央通信が報じた。

互いの国民を出国禁止にした措置の解除でも合意。

マレーシアが北朝鮮に譲歩した形だが、遺体は猛毒VXによる殺害を示す証拠だっただけに捜査に影響を与えそうだ。
 
ナジブ首相は同日夜に別の声明で「9人のマレーシア人は既に北朝鮮を離れ、31日早朝にクアラルンプールに到着する」と発表。

正男氏の遺体は「遺族からの手紙にあった要請に従い、北朝鮮に引き渡す」とした。

北朝鮮大使館内に潜んでいたとされ、マレーシア警察が行方を追っていた北朝鮮籍者の参考人らも出国したもようだ。
 
正男氏は2月13日朝、クアラルンプール国際空港で猛毒VXを使い殺害された。

複数の北朝鮮籍者の関与が濃厚だが、北朝鮮は遺体の引き渡しを拒んだマレーシアに反発し、今月7日に在留マレーシア人の出国を禁止した。
 
25日に始まった両国の実務者協議では、北朝鮮が遺体の引き渡しなどを求めたとみられる。

ナジブ首相は30日の声明で「国民の安全が最優先だ」と強調。

「人質」の安全を優先して北朝鮮の主張をのんだとみられる。

北朝鮮と東南アジアの絆

クアラルンプールで北朝鮮の指導者の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が「暗殺」された事件は、北朝鮮とマレーシアの間に外交的衝突を引き起こした。この事件で、北朝鮮と東南アジアに広がる商業的関係が注目されている。
 
地域全体で見られるレストランチェーン「ピョンヤン(平壌)」――客が冷麺やキムチを食べる傍らで、北朝鮮人ホステスが金一族をたたえるカラオケヒット曲を歌う店――の拡大から、カンボジアのアンコールワット遺跡群の近くに北朝鮮が建設した博物館「アンコール・パノラマ・ミュージアム」に至るまで、北朝鮮は他国通貨と自由に交換できるハードカレンシーを稼ぎ、友人を勝ち取ることを目指して、東南アジア全域に手を広げている。

北朝鮮政府は、制裁をかいくぐる方法を模索するうえでも東南アジアに目を向けている。
 
シンガポールに本拠を構える海運会社数社は、北朝鮮への武器輸出に手を貸した嫌疑をかけられている。

そうした企業の一社、チンポシッピングは昨年、北朝鮮の兵器プログラムのために使われた可能性がある金融資産や資源を移し替えたことでシンガポールの裁判所で有罪判決を受けた。

その後、18万シンガポールドル(約1440万円)の罰金を科された。
 
金正男氏の殺害事件の捜査の扱いをめぐってマレーシア、北朝鮮両国の緊張が高まる中、マレーシア政府は20日、平壌駐在の自国大使を召還するとともに、駐マレーシア北朝鮮大使を呼びつけて抗議した。
 
北朝鮮政府は検視を阻止しようとし、金氏の遺体引き渡しを要求した。

マレーシア当局は捜査を実施すると主張し、遺体は金氏の近親者に引き渡さなければならないと話している。


■北朝鮮とマレーシア、貿易関係拡大
 これまで、北朝鮮は次第に友好的になるマレーシアとの関係を謳歌してきた。

マレーシアは北朝鮮とビザ(査証)なし渡航ができる唯一の国だ。

かつてビザなし渡航が認められていたシンガポールは、北朝鮮の核実験後、国連の追加制裁に応じてビザ取得要件を導入した。
 
収入を獲得し、国のイメージを取り繕うために北朝鮮は観光業に目を向けるようになる。

同国政府は、東南アジアとインドからの旅行を振興しようと、クアラルンプールを事業拠点に選んだ。
 
また、マレーシア・サラワク州の建設現場と鉱山で80人の北朝鮮人が働いており、こうした人々でマレーシアは北朝鮮の専門知識を活用している。
 
バーター協定の下で、マレーシアはアジアで料理に広く使われるヤシ油を北朝鮮に供給する一方、北朝鮮から肥料を受け取ってきた。

両国の貿易総額は2015年でわずか2270万リンギット(約5億7000万円)と、まだ少ないものの、貿易関係は拡大傾向にある。

アナリストらは、マレーシアの関与は、中立外交の伝統に加えて商業的なチャンスが原動力になっていると指摘する。
 
韓国ソウルにある峨山政策研究院の東南アジア専門家、イ・ジェヒョン氏は、「1960年代、70年代には、北朝鮮は東南アジアの共産主義政権や非同盟国と親密だった。

マレーシアは北朝鮮が国を開放した場合の経済的な恩恵を狙っている」と説明する。
 
マレーシアと、南北朝鮮間の懸け橋になろうとしたインドネシアを別にすると、ほかの国はそれほど力を入れて対北朝鮮関係を強化してこなかった。
 
カンボジアの故シアヌーク国王は、北朝鮮の現指導者である金正恩(キム・ジョンウン)委員長の祖父であり初代指導者の金日成(キム・イルソン)氏との友好関係から、北朝鮮人ボディーガードを利用していた。

これは国王が自国で利用できる警護を信用していなかった可能性もある。
 
かつてプノンペンに暮らしていた人物は「彼らはまるで、映画『レザボア・ドッグス』の舞台から降りてきたように見えた――黒いスーツ、白いシャツ、黒いネクタイを身に着けていた」と言う。

カンボジアでは、北朝鮮のアートスタジオ、万寿台創作社がアンコールワットに特化した美術館を建造した。

所蔵作品の1つは、アンコールの歴史を描いた幅123メートルの油絵で、何十人もの北朝鮮芸術家が制作に携わったものだ。

万寿台創作社は世界中に記念碑や美術館、博物館を建築している。
 
メディアの報道は長年、北朝鮮政府が、2011年以前の半ば孤立していた時期にミャンマーに武器を供給したと伝えてきた。

米国の当局者らはその後、疑わしい関係は、ミャンマー軍の最高司令部や文民主導の政府ではなく、個々のミャンマー人将校に限定されていたと語っている。
 
両国の絆を思い出させる出来事が2015年に起きた。

金正恩氏を暗殺する企てを題材にしたソニー・ピクチャーズエンタテインメントのコメディー映画「ザ・インタビュー」の海賊版が出回った際、北朝鮮の政府当局者らが販売に抗議した。

ミャンマー当局はソフトを市場の露店から押収したのである。

By Jeevan Vasagar in Singapore and Bryan Harris in Seoul

金正恩氏「除去しろ」、正男氏の殺害を命令か 

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、マレーシアで殺害されたとみられる異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏について「嫌いだ。除去しろ」と述べ、殺害の実行命令が下ったことが分かった。

韓国の情報機関、国家情報院(国情院)の当局者が明らかにした。殺害の手段を巡っては今まで使われたことがない強力な毒劇物が使われたとされ、遺体の口元には泡がついていたとの見方が出ている。

正恩氏の発言については、国情院の当局者の話を聞いた国会議員が16日のラジオ番組で明らかにした。

国情院によると、正恩氏は「俺は金正男が嫌いだ。

懲らしめろ。除去しろ」と述べた後、スタンディングオーダーと呼ばれる絶対的な命令が下ったという。
 
この国会議員は殺害の手口について「明らかにプロ中のプロの仕業だ」と述べた。

また、同じく国情院の当局者の話を聞いた別の国会議員によると、国情院は「(殺害には)今まで使われたことのない強力な毒劇物が使われた」と分析。

16日付の韓国紙・朝鮮日報は、男性の遺体を見た韓国政府当局者が「遺体の口元には泡がついていた。

典型的な毒殺時の現象だ」と述べたと伝えた。
 
韓国国防省の報道官は16日の記者会見で正男氏の殺害情報を巡って「現在までに(北朝鮮に)特異な動向は確認されていないが、万全の態勢を維持している」と指摘。

また韓国政府は、韓国に昨年亡命した北朝鮮の元駐英公使、テ・ヨンホ氏の警護要員を増員したことが明らかになった。

金正男氏の事件、新たに女1人拘束 インドネシア旅券所持か?

マレーシアのカリド・アブ・バカル警察庁長官は16日、

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄、

金正男(キム・ジョンナム)氏とみられる男性が殺害された事件で、

新たに1人の女を拘束したと明らかにした。

マレーシア国営ベルナマ通信が伝えた。

女の身元などは公表していない。

この女がインドネシアの旅券を所持していたとの情報もある。
 
金正男氏とみられる男性は13日朝にクアラルンプール国際空港で2人の女に襲われ、

病院に搬送する途中で死亡した。

警察は15日にベトナムの旅券を保持する女を逮捕している。
地元メディアによると、警察は複数の男女の行方を追っているという。

<金正男毒殺>逮捕された暗殺容疑者、濃い口紅の20代の女

 金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件の容疑者であるベトナム国籍の女が15日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で逮捕された。

マレーシア警察当局は「金正男氏暗殺現場付近の防犯カメラに映っていた女とみられるドアン・ティ・フオン容疑者(29)を逮捕した」とし「容疑者はベトナムのパスポートを所持していて、逮捕当時は一人だった」と明らかにした。 

  防犯カメラの映像で短いスカート姿の濃い口紅をしたドアン容疑者は、1988年5月31日生まれ、出生地ナム・ディン(Nam Dinh、南定)と書かれた身分証を持っていた。 

  しかし金正男氏がキム・チョルという名義の偽造パスポートを持っていたように、ドアン容疑者のパスポートも偽物である可能性を排除できない。

これに関し国内の元情報当局者は「北が実際にのベトナム人を雇用したり、秘密工作員の言語・態度・習慣などを長期間教育してベトナム人に見せかけた可能性がある」と分析した。 

  現地メディアによると、マレーシア捜査当局はドアン容疑者と一緒にいた女のほか、男の容疑者4人が犯行に加担したとみて追跡している。

男4人が見張りをして逃走の経路を確保する間、女2人が暗殺したということだ。

朝日新聞は逃走中の男女容疑者5人を北朝鮮・ベトナム国籍と報じた。 

  現地警察に逮捕されたドアン容疑者は北朝鮮との関連性や暗殺の意図を否認しているという。

現地の中華系メディアの中国報は「女の容疑者を乗せたタクシー運転手によると、1人は自分がベトナムで有名なインターネットスターであり短編映画の撮影のためにマレーシアに来たと話した」と伝えた。 

  また、東方日報と英紙テレグラフは、ドアン容疑者が警察で「一緒に旅行していた人たちが私にスプレーを渡して『あの男(金正男)にいたずらをしてかけてみろ』と言った。

それが人を殺すほどのものとは知らなかった」と述べた、と報じた。 

  こうした中、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が5年前の2012年から異母兄の金正男氏の暗殺を図り、金正男氏が金正恩委員長に『私と私の家族を助けてほしい』という書信を発送したこともあると、国家情報院が15日明らかにした。

共に民主党の幹事の金炳基(キム・ビョンギ)議員は「李炳浩(イ・ビョンホ)国家情報院長がこの日の国会情報委員会で、金正男氏殺害は(金正恩委員長の) スタンディングオーダー(standing order)であり、必ず処理しなければいけない命令だったと報告した」と伝えた。

スタンディングオーダーとは、命令権者が一度した命令に対して直接「命令取り消し」を話すまで有効な命令を意味する軍事用語。 

  李院長は「2012年から本格的な(暗殺の)動きが一度あり、(その後)金正男氏は金正恩委員長に書信を発送して『私と私の家族に対する命令を取り消すことを望む。

私たちは行くところも避難するところもない。

逃げる道もない』と訴えた」と伝えた。

<金正男毒殺>「警戒されにくい女性が犯行

<金正男毒殺>
「警戒されにくい女性が犯行、武器は隠しやすい毒針」

13日、マレーシアのクアラルンプール空港にいた金正男(キム・ジョンナム)氏に近づいたのは身元未詳の女2人だった。
北朝鮮事情に詳しい国策研究所の関係者は中央日報との電話で、「女性の場合、セキュリティー検査で男性に比べて自由であるため北は女スパイを送る」とし「一人では活動に制約があるため2人でチームを組んで動くようにしたのだろう」と分析した。
1987年に115人の犠牲者を出した大韓航空KAL858機爆破事件に当時25歳だった金賢姫(キム・ヒョンヒ)が動員されたのと同じだ。 

  この女が金正男氏毒殺に使用したのは毒針だと、複数の対北朝鮮消息筋が伝えた。北朝鮮が主要人物の毒殺に使うのは大きく
▼毒銃(ハンディライト型で毒針を撃つことができる形態) 
体内に10ミリグラムだけ投与されても呼吸が停止して心臓がまひし、即死する猛毒だ。 

2011年8月21日に中国丹東市内のデパートの前で宣教師のパトリック・キム牧師(当時46歳)が突然、口から泡を吹いて倒れた事例もある。
キム牧師は普段から脱北者を支援し、金正日体制非難文書を北朝鮮内部に搬入するなどの活動をしてきた。 

 
今回殺害された金正男氏の従兄弟の李韓永(イ・ハンヨン)氏だ。
李氏は82年にスイスに亡命し、韓国に定着した後、『大同江(テドンガン)ロイヤルファミリー』などの著書を出して北朝鮮の実情を暴露した。


北朝鮮当局から英雄の称号を受けたという

今週(9~13日)の世界の株式市場は

今週(9~13日)の世界の株式市場は高安まちまちだった。

11日には市場が注目していたトランプ次期米大統領の当選後初めての記者会見が開かれた。

具体的な政策などに対する言及もなく失望感が広がり、昨年11月から続く「トランプ相場」の息切れ感から方向感は乏しかった。

会見後にはドル売りが進んだため、対ドルでの通貨安の一服から資金流出懸念が後退した新興国の株高が目立った。

上昇率が最も大きかったのはトルコで、5.7%高となった。

エルドアン政権による強権統治や治安の悪化が続き、政治リスクが高まったとしてトルコリラが対ドルで急落。

通貨安で輸出産業などは恩恵を受けるとして株価は上昇した。
 
上昇率2位は、南アフリカの3.6%高、3位はブラジルの3.2%高だった。

通貨安の一服が好感された。

ブラジルでは中央銀行が11日に利下げを決めた。

低迷する景気を下支えする姿勢を示し、買い安心感が広がった。
 
半面、下落率が最も大きかったのがインドネシアで1.4%安だった。

昨年12月後半から年末にかけて大きく上昇しており、国内勢の利益確定売りなどが先行した。
 
率2位は中国の1.3%安だった。

深圳市場で新興企業向け市場の「創業板」指数が昨年2月末以来の安値をつけ、個人投資家の心理を冷やした。

日本は円高が重荷となって下落率5位だった。

カストロ前議長を称賛-金正恩氏

【ソウル時事】

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、

キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長死去を受け、

ラウル・カストロ国家評議会議長に弔電を送り、

「反帝国主義、自主確立の偉業遂行に特別な貢献があった」とたたえた。
 
また「西半球で初めて真の社会主義制度を樹立した卓越した指導者」と

指摘。「(北朝鮮、キューバ)両国の親善協力関係を発展させるため、

あらゆる努力を行った」と追悼した。 

北朝鮮の新たな資本主義者育てる「秘密地下ルート」

[ソウル 29日 ロイター] - 

核実験を強行した北朝鮮に対し、米国をはじめとする国々が新たな制裁措置を検討するなか、一部の脱北者は、未発達な同国市場経済に投資することで、内側からの体制変化を促すことが可能だと考えている。

韓国に住む脱北者の男性は、数十人の北朝鮮市民がラーメン店や食料品店といった零細事業を立ち上げる手助けをするため、秘密の資金経路を利用して数十万ドルを送金している。

男性は昨年、北朝鮮の起業家3人に、電圧12ボルトの太陽光パネルで充電可能な中国製LED電気スタンドを3000台以上送った。

2000年代初頭に中国経由で脱北したこの男性は、鍼灸針やハンドバック、毛髪染剤、ビタミン剤、女性用肌着類も、安価で購入もしくは寄付によって無料で入手し、北朝鮮に送っている。

金正恩政権の下、北朝鮮は国内で増加する「ジャンマダン」と呼ばれる半合法的な自由市場を認めてきた。

そこでは個人や卸売業者が自身で製造、または中国から輸入した物品を売買している。

この市場は人々の生活水準を向上させただけでなく、旧ソビエト連邦型の計画経済に対する依存度を下げることで、国の影響力を弱めてきた。

また、USBメモリーやDVDを使った、禁制品となっている海外メディアのコンテンツ取引も促進している。

「私が支援する北朝鮮の事業主らは、健全な資本主義を構築するための新しい集団となり得るだろう」と、この40代の脱北男性は語る。

北朝鮮に残した妻と自身の安全のため、実名は明かさなかった。

営利目的ではないとするこの男性は、地方にある食料品店数店に2万─3万人民元(約30万3000円─45万4000円)を投資しており、さらに多額の投資を平壌で行っている。


<ジャンマダン世代>
韓国政府の委託で作成された報告書は昨年、北朝鮮の民間事業を育成することを通じて同国の改革を促すよう提案している。

政府方針ではないこの案は、韓国の大企業と提携する新興企業やパートナー企業向けの小型融資を想定している。

しかし韓国の誰とであっても、接触を持つことは北朝鮮では死刑に処せられる可能性がある。

これは1950─53年の朝鮮戦争が平和協定ではなく、休戦によって終わったため、両国が厳密には過去60年間、いまだ戦争状態にあるためだ。

韓国政府も国民が北朝鮮と貿易を行うことを禁じている。

しかし韓国に脱北した約3万人の多くが、北朝鮮に残した親族に年推計1000万ドル(約10億円)の送金を行っていることは見逃している。

韓国統一研究院のリサーチフェロー、Hong Soon-jick氏は、脱北した投資家も、同じ送金ルートを利用できると指摘する。

「これにより市場化と情報循環を加速することができる」と同氏は語る。

「しかし、政治リスクがあるため、たとえ南北関係が改善しても、こうした取引は秘密裏に行われなければならない」

こうしたアプローチは、チラシやUSBメモリーの配布、そしてラジオ放送など、北朝鮮市民の心をつかもうと韓国の反北朝鮮団体が、これまで一般的に用いてきたやり方とは一線を画するものだ。

同じように、米国務省もここ最近、北朝鮮の民主化を促進する計画を資金援助する提案を検討している。

これは韓国在住、もしくは「ジャンマダン世代」の中で育った若い脱北者に対して、北朝鮮の若者に援助の手を差し伸べるよう促すことも目的としている。


中国の銀行>
そうした若い脱北者の1人で、ソウル在住の活動家Ji Seong-ho氏は、北朝鮮市民らが地方で食べ物の屋台や作物融資ビジネスを始めるにあたり、一度に300ドルから500ドルを送金してきた。

「市場が大きくなればなるほど、体制は弱体化する。

それゆえに、北朝鮮の起業家を支援する必要がある」。

中国に逃れた北朝鮮難民の亡命を支援する団体を率いる34歳のJi氏はそう語る。

脱北者を対象にソウル国立大が実施した調査によると、事業を行う北朝鮮市民にとって、最大の試練は資金調達だという。

当局者への賄賂と、時折行われる市場活動での取り締まりが、それに続く。

秘密の送金チャンネルを使う冒頭の脱北男性は通常、中国の銀行に金を送金する仲介人と手を組むという。

中国の代理人によって金は集められ、中朝国境を越えて運ばれる。

この男性は親戚や知人を通じて、見通しを入念に調査している。

数年前、彼はカッピング(吸角)療法用機器を北朝鮮市民数人に送った。

この機器は中国医療で使用されるもので、韓国で1台約20ドルで購入した。

彼らは北朝鮮で3倍以上の価格で売ったという。

男性が資金援助した事業の様子を収めた写真を、現地ブローカーが中国のモバイルネットワークに接続した携帯を使って彼に送ってきた。

彼の秘密計画は2006年、中国で中古の2.5トントラックを500万ウォン(約46万円)で購入したことが始まりだった。

トラックを受け取った北朝鮮市民は物品運搬で生計を立てるようになった。

2014年には、ある裕福な支援者が彼の活動を応援してくれるようになったという。彼は支援者の身元を明かさなかった。

この脱北男性は、彼が支援する北朝鮮欲深くならず、他の貧しい市民を助けて、尊敬を受けるように」と伝えたという。

「これはUSBメモリーよりも効果的だろう。生活を直接支援するからだ」

(Ju-min Park記者 翻訳:高橋浩祐 編集:下郡美紀)

北朝鮮と韓国の比較

ここに記事をお書きください。

北朝鮮、5回目の核実験実施を発表 過去最大規模

北朝鮮は9日、5回目の核実験を実施したと国営メディアを通じて発表した。

核実験は今年1月に続くもので、年に2回の実施は初めて。

爆発の規模は過去最大とみられる。

国際社会が北朝鮮の核、ミサイル開発に対する批判を強めるなかでの強行に、日米韓は国連安全保障理事会の緊急会合を開く調整に入った。

9日は北朝鮮の建国記念日にあたる。

日韓両政府によると、北朝鮮の核実験場がある北東部の咸鏡北道吉州郡豊渓里(プンゲリ)周辺で午前、人工地震が発生した。

過去4回の核実験をすべてこの場所で実施した。

日本の気象庁は同日午前9時30分ごろ、北朝鮮付近で自然地震と異なる地震波を観測した。

震源はごく浅く、マグニチュードは5.3と推定される。
 
韓国気象庁は人工地震の規模を前提に爆発の規模を過去最大の10キロトンと分析した。

1月に実施した4回目の核実験の約2倍に当たるという。

 日本政府は同日午前、関係閣僚による国家安全保障会議(NSC)を開催。安倍晋三首相は2度にわたって指示を出し
(1)情報収集・分析の徹底
(2)放射性物質の影響を把握するため各国とモニタリング態勢を強化――などを求めた。

防衛省は放射性物質の影響を分析するため、航空自衛隊の航空機を発進させて大気中のちりを集めている。
 
北朝鮮には北京の外交ルートを通じて抗議した。

首相声明も発表し「わが国の安全に対する重大な脅威で、地域および国際社会の平和と安全を著しく損なう。

厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」と批判した。
 
韓国政府は午前11時から首相主宰で緊急のNSCを開催。

日米など関係国とも連携して情報の分析や対応策を協議する。

朴槿恵(パク・クネ)大統領は「核放棄のためにあらゆる手段を尽くし北朝鮮への圧迫を強化する」と強調した。

安保理は4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイル発射を受けて3月、北朝鮮を出入りする全ての貨物の検査などを盛り込んだ制裁決議を採択した。

加盟国の履行徹底や、さらなる制裁強化が今後、議論される見通しだ。

8カ月ぶりという短期間での核実験実施を防げなかっただけに、北朝鮮の核開発に歯止めをかけるための実効性のある対応が問われる。
 
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は1月の実験後も度々、核実験を続ける考えを表明した。

3月には「核弾頭爆発実験」を近いうちに実施するとの発言を北朝鮮メディアが報道。

爆発の威力や精度を確認する従来型実験にとどまらず、実際に武器として使える核弾頭を爆発させるなど新たな段階の実験を示唆していた。

 北朝鮮は5月の朝鮮労働党大会で、経済再建と核開発を同時に進める「並進路線」を党規約に明記。

射程3000キロメートル以上とされる中距離弾道ミサイル「ムスダン」や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの発射実験も繰り返している。

今回の核実験を通じ北朝鮮が核兵器開発のノウハウをさらに蓄積したのは間違いなく、関係国にとって脅威の水準は一段と増した。
 
正恩氏に対しては米国が北朝鮮の人権侵害に責任があるとして経済制裁の対象に追加。

北朝鮮は「宣戦布告とみなす」として強く反発した。

米韓が在韓米軍への地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD=サード)導入を決めたのに対しても「配備位置と場所が確定され次第、徹底的に制圧するための物理的な対応措置が実行される」と威嚇した。

北朝鮮ミサイル、3発同時に発射 ほぼ同地点に落下



 防衛省は5日、北朝鮮が正午ごろに発射した弾道ミサイルについて、

3発とも日本の排他的経済水域内(EEZ)内に落下したようだと発表した。

ミサイルは同時に発射、ほぼ同地点に落下したとみられ、

日本政府は北のミサイル技術向上に懸念を強めている。

防衛省によると、北朝鮮は午後0時13分ごろ、

同国西岸から3発の弾道ミサイルを東北東へ発射した。

いずれも約1000キロ飛行し、

北海道奥尻島の西200─250キロ付近に落下したようだという。

稲田朋美防衛相は記者団に対し、「3発同時に発射し

、しかもほぼ同じ地点に落下した。

確実に能力は向上している」と述べた。そのうえで、

「日本の安全保障上の重大な脅威であり、断じて許されない。

深い懸念を表明する」と語った。

北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、今年に入って21発目。

移動式発射台や潜水艦から撃ったり、わざと高く打ち上げたりするなど

、発射手法も多彩になっている。

今回の発射は、20カ国・地域(G20)首脳会議が

中国・杭州で開かれている最中だった。

稲田防衛相は「国際社会の強い圧力に対する示威行動の

可能性がある」と指摘した。

防衛省はミサイルの種類について、

飛行能力300─500キロのスカッドか、

1300キロのノドンとみている。いずれも

、移動式の発射台から撃つのが一般的という。

北朝鮮、米との接触ルート遮断を通知 正恩氏への制裁受け

北朝鮮は10日、米国が

金正恩(キム・ジョンウン)委員長を経済制裁に加えたことを受け、

ニューヨークの国連代表部を通じた接触ルートを

遮断すると米国に通知した。

通知文は「今から朝米関係で提起されるすべての

問題を我が共和国の戦時法に従って処理し、

抑留されている米国人も例外ではない」と指摘。

改めて制裁措置の解除を要求した。朝鮮中央通信が11日伝えた。
 
国連代表部を通じた米朝接触ルートは

「ニューヨーク・チャンネル」と呼ばれ、現在は唯一の公式的な

接触ルートとなっている。

通知文は「我々の最高尊厳(正恩氏)に言い掛かりをつける

米国の今回の措置は我々に対する宣戦布告だ」とした。

制裁解除に応じない場合は「行動措置が段階別に講じられる」とした。

楽天、農業ベンチャーに出資

楽天は23日、農業ベンチャーのテレファーム(松山市)に出資したと発表した。

同社はオンラインゲームの感覚で野菜栽培を楽しめるネットサービスを手掛けている。

楽天は今後も農業分野で他社との提携を検討する。

環太平洋経済連携協定(TPP)をきっかけに農業分野の成長を見込んでおり、

新規事業として育てる。
 
テレファームの株式を同社の遠藤忍社長から10%程度買い取る。

楽天とテレファームは今秋をめどに、共同で開発したサービスなどを発表する予定。
 
テレファームのサービスでは、利用者がネット上でホウレンソウやレタスなどの

野菜の種を購入。

栽培方法や資材を選択し、契約農家が指示に従って有機野菜を育てる。

収穫した野菜は消費者に届けられ

、その野菜をテレファームのホームページ上で販売することもできる。

高度1000キロ超えた北朝鮮ミサイル、「発射成功」の見方強まる

北朝鮮が22日に発射した2発目の中距離弾道ミサイルについて、日本の防衛省や専門家は成功だったとの見方を強めている。

同ミサイルは日本全土、さらにグアムまで届く能力があるとされ、防衛省は脅威のレベルが一段上がったと受け止めている。

北朝鮮東岸の元山付近から午前8時3分ごろに発射されたこの日2発目の弾道ミサイルは、防衛省と米軍によると、約400キロを飛んで日本海に落下した。

北朝鮮と日本は約1000キロ離れており、飛行距離だけみれば日本への直接的な影響はない。

ところが、自衛隊のレーダーが捉えた情報を防衛省が分析した結果、ミサイルは1000キロを超える高度に達していた。

地球の大気圏は一般的に高度約100キロまでとされる。そのはるか上空の宇宙空間へ打ち上げていたことになる。

中谷元防衛相は同日午後の会見で「中距離弾道ミサイルとしての一定の機能が示された」とだけ述べ、発射の成否については明言を避けた。

しかし、防衛省関係者は「あれほど角度をつけずに打ち上げず、普通に発射していれば、われわれが見積もっている距離を飛んだ可能性がある」と話す。

北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられ、防衛省は飛行距離2500キロ─4000キロと推定している。

日本全土、さらに米領グアムまで射程に収まる。

中谷防衛相は記者団に対し「日本に飛来するミサイルの種類が増える。日本の安全保障上、強く懸念する」と語った。

北朝鮮は今年に入り、ムスダンを4回発射し、いずれも失敗してきた。

22日朝に発射した1発目のミサイルもムスダンとみられ、防衛省によると、北朝鮮東岸付近に分離して落下した。

今回、高度1000キロ超まで打ち上げた理由は明らかになっていない。

北朝鮮が「衛星の打ち上げ」と称して発射する長距離ロケットは、高度500キロ程度。

それに比べると、異常に高く飛んでいる。

天体物理学が専門のハーバード大学のジョナサン・マクドウェル博士は「日本の上空を通過するのを避けたのではないか」と推測する。

「通常より高く発射して飛距離を短くした。

発射は成功したようにみえる」と、同博士は述べた。