-
RSS フォローする ファンになる

最新記事

バイデン氏がトランプ大統領にリード維持、
米、香港から輸出は「中国製」に 国安法制裁、貿易で同一の扱い
香港メディア王の黎氏、国安法違反で逮捕
米、中国IT大手と「取引禁止」 大統米、中国IT大手と「取引禁止」
世界の感染者1800万人超 米ブラジル印3カ国で約半数

カテゴリー

〔シカゴ穀物展望〕
NYダウ 工業株30種平均構成銘
NY特急便
アジアワールド
イスラム教関連
エコ
オフィスに緑
オリンパス
ガーデニングショウ
キューバ関連
スノーデン氏
ナチスのの心理兵器
ミチヒロ企画/箕面市
ユニバーサル園芸社
リーマンが破産法脱却、4
リンカーン 最期の旅
世界の最新情報
世界の金融関連
中国関連情報
北朝関連情報
営業の極秘テクニック
地質&地下水
地震関連情報
外壁緑化
天源淘宮術
宇宙関連
屋上緑化
強国ランキング
性格改良術
故ブッシュ元大統領
新型コロナウイルス
日本の株式関連
株式関連
植物工場
植物関連
植物関連全般
欧州関連
洋蘭
漁業関連
熊本県地震4月14日
熱中症対策
畜産関連
省エネ
米国の選挙関連
経済
緑地帯
農業関連
野菜工場ユニット式
防災関連
音楽関連
香港最新情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

宇宙関連

民間ロケットは航空業界の不安の種 飛行制限で

 2月6日、

イーロン・マスク氏が率いる

スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)が、

同社史上最大のロケット「ファルコン・ヘビー」をフロリダの

青空に打ち上げ、ファンが歓声を上げた。

この日、民間の宇宙時代は一つのターニングポイントを

迎えたといえるだろう。

 しかし航空会社にとって、これはそれほど愉快な出来事では

なかった。

航空機パイロット協会(ALPA)が6月に公開した

米連邦航空局(FAA)のデータによると、その日、

米国南東部では563便が遅延し、飛行距離が62マイル分長くなった。

 強いられるコスト

 米国の空域は限りある資源であり、民間ロケットの成長は

航空業界の不安の種になっている。

マスク氏やその競争相手らが宇宙船を打ち上げるたびに、

航空会社はその周辺の広大なエリアを避けて航空機を運航しなければ

ならず、相当の追加コストを強いられる。

 現在のところ、民間宇宙産業の拠点はフロリダ州の大西洋岸に

あるケープ・カナベラル空軍基地に集中している。

ここは米国で稼働している22カ所の発射施設の一つで、マスク氏の

スペースXやジェフ・ベゾス氏の

ブルー・オリジンも宇宙事業を置く。さらに、

テキサス州ブラウンズビル、

コロラド州ワトキンス、ジョージア州カムデン郡など多くの場所が、

民間宇宙産業の勢いに乗ろうと新たな宇宙基地の建設を

目指している。

 ベゾス氏は、自身が所有するテキサス州西部の基地で

発射実験を繰り返している。

ヴァージン・グループ創設者のリチャード・ブランソン氏の

計画では、

早ければ2019年にもニューメキシコ州南部から旅客を乗せた

ロケットを打ち上げる。

マスク氏は、テキサス州最南端のサウスパドレー島の近くに

新たな発射場を建設する計画だ。

現在この3人が民間宇宙産業のトップに君臨しているが、

今後は参入企業が増えていくだろう。

日常的に宇宙船が発射される時代が来れば、航空業界に

多大な影響を及ぼす可能性がある。

 米国とカナダの計6万人のパイロットを代表するALPAの

プレジデント、ティム・キャノル氏は、

2つの産業のオペレーションを円滑に行うための努力が必要だと

警告する。

同氏は6月の下院運輸・インフラ整備小委員会の公聴会で、

FAAがロケットの動きの

「リアルタイムのデータ」を把握していない点を指摘。

連邦政府による規制制定プロセスの中で、両業界が互いに理解を

深める必要があると述べた。

 米国で17年に許可された商業打ち上げ件数はわずか23件だったが、

今後は増加が見込まれる。このまま宇宙船発射産業が

成熟していった場合、最終的なゴールは、

FAAが管理する1日4万2000便の航空機の一部に宇宙船が組み込まれることだ。

つまりスペースXの「ファルコン9」で国際宇宙ステーションに

行く便も、

アメリカン航空のエアバス「A321」でマイアミまで行く便も、

区別がなくなるということだ。

キャノル氏は、宇宙の旅と空の旅を統合し、

ロケットと航空機を並行して運航できるようにすることが

「次のステップ」だと述べた。

 宇宙と空の統合へ
 この問題には巨額の金が絡む。航空会社によると、

「ブロックタイム」

(航空機が出発地で動き出してから目的地で停止するまでの時間)

の平均コストは1分当たり68.48ドル(約7600円)。

1時間当たりにすると4109ドルになる。2月に遅れが発生した563便について、

平均遅延時間は8分だった。ALPAによると、100便がそれぞれ

10分遅れると、

約7万ドルの追加コストがかかる。さらに悪いことに、

今年はブロックタイムの平均コストが上がる可能性があるため、

航空会社の幹部やパイロットはスペースXや

ユナイテッド・ローンチ・アライアンスの

ロケット発射で空域が閉鎖されるたびに、

腹立たしさを募らせている。ALPAは6月に公開した白書で、

「このような飛行制限は、民間の航空交通に、

維持できないほどの大規模で高コストな遅延を発生させてきた」

と指摘した。

 米航空会社の業界団体であるエアラインズ・フォー・アメリカ

で広報を担当するアリソン・マカフィー氏によると、

同団体はFAAに対し、宇宙産業と航空産業を統合する

計画を策定する際に、

「一般旅行者に与える安全面と効率面の影響を慎重に検討すること」を要請してきた。

 ブルー・オリジンの副法律顧問であるオードリー・パワーズ氏は、

下院の小委員会で「この件は解決可能な問題だ」と述べた。

そして業界と規制当局に求められることとして、空域データの

統合システム構築を支援し、

リアルタイムでロケットのデータの流れを自動化するような

ツールを開発することを挙げた。

同氏は「われわれには、この問題を解決できる賢明さがある」

と述べた。

(ブルームバーグ Justin Bachman)

はやぶさ2、りゅうぐうに接近 高度6キロからの画像

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、

探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」の高度約6キロメートルに近づいて撮影した画像を公開した。

これまで観測を続けてきた高度20キロメートルから降下した。

岩の塊が点在し起伏に富んだ地形がはっきりとみえる。

直径が200メートルを超えるクレーターのようなくぼ地もある。

岩石の採取に向けた着陸地点を8月末に決める予定だが、

作業は難航しそうだ。

はやぶさ2が20日16時ごろに、りゅうぐうの赤道付近を

望遠のカメラでとらえた。

 画像を拡大してみると、着陸を目指す赤道付近の

地形はかなり険しい。

岩が多いうえ、所々にあるくぼ地の斜面も傾斜が急だ。

 はやぶさ2は2019年末にりゅうぐうを離れるまで、

3度の着地や探査ロボットの投下を計画している。

機体を傷つけずに降り立てる平地を探せるかどうかが課題となる。

 りゅうぐうの岩石を採取できたら、

20年末に地球に持ち帰る予定だ。



米スペースX、NASAの歴史的発射場から

2月19日、米民間宇宙企業スペースXは、米フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから、国際宇宙ステーション(ISS)への物資を積んだ無人宇宙船「ドラゴン」をファルコン9ロケットで打ち上げた
(2017年 ロイター/Joe Skipper)










[ケープ・カナベラル(米フロリダ州) 19日 ロイター] - 
米民間宇宙企業スペースXは19日、米フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから、国際宇宙ステーション(ISS)への物資を積んだ無人宇宙船「ドラゴン」をファルコン9ロケットで打ち上げた。

ケネディ宇宙センターは、NASAが月に宇宙飛行士を送り出した時にも使われた発射場。

全長70メートルのファルコン9は、現地時間午前9時39分(1439GMT)に打ち上げられ、その9分後、ロケットの1段目は同センター近くのケープ・カナベラル空軍基地に再着陸した。再着陸に成功したのは、今回が8回目。

スペースXがフロリダ州からロケットを打ち上げるのは、昨年9月に起こしたロケット爆発事故の後、今回が初めて。ISSへの米宇宙飛行士の輸送をスペースXに委ねる予定のNASAは、この日の打ち上げを注意深く見守った。

NASAは、スペースシャトル計画が終了した後、ISSへの物資運搬をスペースXに委託し、宇宙飛行士の輸送契約をスペースXと米航空機大手ボーイング(BA.N)と結んだ。

両社は2018年末までに宇宙飛行士の輸送を始める予定だが、米政府の先週の報告書によると、技術的な問題により、両社で遅れがでているという。